建売住宅購入だからこそ確認したいこと

>

建売住宅の購入

建売住宅で確認できないところ

すでに出来上がった一戸建て住宅を購入するのは、「住宅の既製品を買う」という行為です。
戸建て住宅は土地を買って、ハウスメーカーなどと相談しながら家を建てるという形が一般的でした。
間取りやデザインを決めて家を建てる必要がないのは、面倒な手間が省かれているという事です。
これは、こだわりが強い人でなければ、とても魅力的です。
一つ一つの良し悪しを検討し、責任を持って決めていく行為は、想像以上に疲れます。
しかし、完成品を買うという事は、建築過程を見ることができないわけですから、それが欠陥住宅だった場合も気づくことができない場合も。
ここが一番大きな懸念点です。
人生で一番大きな買い物といわれる住宅に欠陥があったら、かなり深刻な問題ですし、受けるダメージも相当なものです。

ハウスメーカーのネームバリュー

欠陥住宅にあたるのは、運のようなところもあります。
そんな悲劇を生まないために、ハウスメーカーや販売元はとても重要です。
大手企業であれば、欠陥住宅を生まないためにあらゆる工夫や補償があります。
地場の企業でも同じです。
信頼と実績とはよく言ったもので、長く続いているという事は、トラブルがあっても真摯に対応してくれる仕組みができているという事が多いのです。
それだけで安心ですよね。
中には粗悪な業者もあります。
新築の家にケチがつくなんて、あってはならないことですから、物件同様慎重に吟味する必要があるのです。
大手のハウスメーカーは、地震に強い耐震・免震の技術も持っています。
また、家を買う事に関して必要な知識や手続きなども細かく教えてくれます。
最大限に活用しましょう。


この記事をシェアする