建売住宅購入だからこそ確認したいこと

>

確認したいところは

建売ならではの間取り

限られた坪数の中で、スタンダードな形の間取りを採用している家が多いです。
見た目も似たような戸建てが数件並んでいるのは、同じハウスメーカーがその一帯にまとめて建てているからです。
統一性があって、外観はおしゃれな印象です。
しかし、都心の建坪数はそれほど広くないことが多く、部屋数も限られます。
また、最近は三階建ての建売りを見かけます。
好みの間取りや、必要な部屋数など、それぞれ優先順位を付けて選ぶのが普通だと思います。
また建物だけでなく、庭や駐車場、玄関ポーチといった外側も気になります。
ちょっと考えるだけでも、これだけ確認する必要があります。
全てが希望通りという物件は、なかなかないわけです。
可能な限り内覧して、これと思う物件に出会えることを期待しましょう。

通気や日当たりは?

実際に住んでみないとわからないことに、日当たりがあります。
間取りである程度はわかりますが、実際には近隣の建物で日差しがさえぎられてしまったり、思っていたより西日がきつかったりなど、こんなはずではなかったと思うことも。
建売は密集していることが多いので、注意したいところです。
また、気になる人が少ない、通気性も大切です。
毎日の生活で、通気システムが悪いとカビや虫がわく原因になったり、ジメジメとして体調に影響が出てしまうこともあります。
マンションと違って、管理人がいるわけではないので、全てについて自分たちで管理していかなければいけませんから、気がかりになりそうな問題はあらかじめ排除しておきたいですよね。


この記事をシェアする